おやま塚 [地図表示]
おやま塚
おやま塚

  大久保の東から乙丸の片倉に下りる道から少し上がった林の中に、小高い山があります。土地の人たちは、昔から「おやま塚」と呼んできました。この「おやま塚」という名の由来は、遠い戦国の時代に端を発していると言われています。

 戦国の世も終わりに近い天正二年(1574年)4月、徳川家康は自ら兵二千を率い、武田方の天野氏を攻めるべく、その居城犬居城へと進撃をしました。しかし、折からの大雨で増水、氾濫した気田川に行く手を阻まれ、ついに撤退を余儀なくされたのでした。

 この撤退の途中、状況をいち早く察知した天野軍は反撃に転じました。地の利を得た山岳戦に、徳川軍は手痛い敗退をしたのです。

 田能・大久保から一の瀬へと敗走する徳川の本隊とは別に、ここ大久保から乙丸へと向かう女性の混じる一隊がありました。雨上がりの険しい山の中です。逃げるに逃げられず、哀れにも女性たちは、ついに戦の犠牲となり討死にをしたのです。

 戦いは終わり、これを不憫に思う村人の手で、亡骸は丁重に葬られ、その跡は塚となりました。その塚を人々は「おやま塚」と呼んだのです。従って、この塚の名前には、戦国女性の悲劇が秘められているのです。

 [ 1450hit ]
地図  [KML] [地図表示]
この記事の評価
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 43  件):     1 ..  11  12  13  14  15  16  17  .. 43    
森町百景投稿する
森町のブログに応募する

新着コメント

ええら森町

森町納涼花火大会サポーター倶楽部
会員募集中

サイト情報

当サイトは
森町商工会情報推進委員会
によって管理運営されています

静岡県森町商工会
TEL:0538-85-3126



「森町の地図」「森町リンク集」への掲載依頼・修正依頼等は、お問合せフォームにて、受け付けております。お気軽にお問合せください。
⇒お問合せフォームはこちら