うぐいす餅 [地図表示]
うぐいす餅
うぐいす餅

©森のいしぽん 三倉の名物うぐいす餅については次のような逸話が伝わっています。

 戦国時代も末のある春の日、三倉の里の一軒の茶屋に腰をおろした、いでたちも凛々しい一人の武士がありました。茶屋の婆さんはまずお茶を進ぜ、続いて京葉と大豆をつぶしてまぶした餅をさし出しました。

 この餅は、この茶屋に限らず、このあたりの家々では賓客の来訪があった時には、必ずと言っていいほど食膳に供したものだということです。

 武士は一口頬張るとその美味を賞し、餅の名を尋ねましたが、別に名前はないという、そこで武士は「形といい、色といい鶯にそっくりじゃ、〝うぐいす餅〝と名付けたらよかろう」と言い残して秋葉を指して立ち去って行ったそうです。この武士こそ誰であろう、戦国の名将とうたわれた山中鹿之介その人でした。

 それからのち「うぐいす餅」は三倉の名物となり、鹿之介が立ち寄った茶屋は「うぐいす屋」と呼ばれ、大正時代まで続いたということです。近くには「うぐいす沢」と呼ばれる流れが三倉に注いでいます。

 [ 2567hit ]
地図  [KML] [地図表示]
この記事の評価
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 30  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 30    
森町百景投稿する
森町のブログに応募する

新着コメント

ええら森町

森町納涼花火大会サポーター倶楽部
会員募集中

サイト情報

当サイトは
森町商工会情報推進委員会
によって管理運営されています

静岡県森町商工会
TEL:0538-85-3126



「森町の地図」「森町リンク集」への掲載依頼・修正依頼等は、お問合せフォームにて、受け付けております。お気軽にお問合せください。
⇒お問合せフォームはこちら