八幡神社の歴史 [地図表示]
八幡神社の歴史
八幡神社の歴史

©森のいしぽん 信州街道(秋葉街道)ぞいの此の村に、人々が住むようになったのは、室町時代中期のころと言われています。

 昔は、村人の心の寄りどころとして、この小さな大久保の村のあちこちに祠がたてられ、神が祀られていたのです。

 江戸時代の寛政十年(1798年)の著書「遠江風土記伝」(内山真龍著)によれば、大久保地域内の神社を除地高順にみると、金山社・地神社・荒神社・権現社・天神社の五社が記録されています。

 現在の八幡神社の位置にあった金山社は、貞享元年(1684年)に建立され、その後金山社が八幡社となり、元禄十三年(1700年)には、八幡社以外の四社を合祀して、八幡神社となったと言われています。

 この八幡神社は、江戸時代から昭和の初めにかけて、武術の神として崇められ、毎年一月十五日の八幡神社祭典には、馬の速馳けなどの行事が行われていました。また、遠い信濃への旅の途次、商売繁盛や旅の安全を祈願したとも言われています。

 苔むした石垣や杉の大木(姿を消したものが多い)厳かな拝殿に、遠い昔を偲ぶことができます。

 [ 2526hit ]
地図  [KML] [地図表示]
この記事の評価
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 42  件):     1 ..  20  21  22  23  24  25  26  .. 42    
森町百景投稿する
森町のブログに応募する

新着コメント

ええら森町

森町納涼花火大会サポーター倶楽部
会員募集中

サイト情報

当サイトは
森町商工会情報推進委員会
によって管理運営されています

静岡県森町商工会
TEL:0538-85-3126



「森町の地図」「森町リンク集」への掲載依頼・修正依頼等は、お問合せフォームにて、受け付けております。お気軽にお問合せください。
⇒お問合せフォームはこちら